★登竜門★ vol.11

審査員インタビュー

 

DAIKI

daiki

 

 

 

 

 

 

 

【総評】

お疲れ様でした。

優勝経験のないコンテストのジャッジをするのは久しぶりで、フレッシュな感じで見ていて楽しかったです。

やっぱりコンテストなので負けて悔しいことがほとんどだと思うのですが…お父さん・お母さん、今日は自分のお子さんを褒めてあげてください。
そこから一緒に頑張って行こうっていうのがまた大事になってくると思います。

コンテストの方は、”振付”という風に見えてしまうチームとちゃんと曲を聴いて振付がどの音にあるとかを含め”表現してる”ってチームの差が結構あったのではないかと思います。

揃っているのだけど1人だけ少しリズムがずれてるとか、そういうところがあったので踊りこみ含めてもう少ししっかり出来ると人に伝わりやすいのではないかと思います。

なんかこう…音に合ってる振りなんだけどなんか伝わってこないなーってチームが正直多かったように感じました。

振付師さんに振りを作って貰ってるチームがほとんどだと思いますが、こういう場に出るときは踊りこみや基礎練を含めて自分たちが出来る最大限をしっかり練習して出てほしいなと思います。

それで勝てなかったら、こんなにみんなが頑張ってるのに勝たせてあげられなかったと振付師さんがまず焦るのです。汗
それで振付師さんもみんなも成長するし、お互いそうやって高めあっていけばすごく良いと思います。

そんなに有名でない振付師さんも、上を目指してこういうところからどんどん出ていけば楽しくなるのではないかと思いました。

お疲れ様でした!

 

【優勝したチームの勝因】

全体的にバランスが良いチームはそれほどいなかったが、多少のミスはあれどそれを超える良さが光るなど良い意味での荒さがプラスになったチームが優勝する結果になりました。

 

【入賞しなかったけど気になったチーム・ダンサー】

U-9チーム部門…UBD(アンブレイカブルダイヤモンド)

前半少しズレが見えましたが、後半しっかり質感も見えて巻き返したのがすごく良かったです。

今日は結構オールドスクールも出てましたが、段々無機質な感じのチームが増えていく中グルービーで良い意味での荒さと楽しさのバランスが良いチームだったと思います。

僕的には評価が高かったです。