ドラドラ2017 3rd PERIOD

審査員インタビュー

千尋

 

 

 

 

 

 

■総評

お疲れさまでしたー。ありがとうございます。

WAN-CHANのコンテストは1年ぶりくらいですかね。
結構あいたんですけどまず今日良かったなって思うのはチームの方で言うと優勝チームがめちゃめちゃ喜んでたっていうこと。

ISAMUと結構長くて僕ロッキンやっててその時からずっと昔一緒だったんすけど。
やっぱりね優勝っていうのは特別なんですよ。

僕もコンテストいっぱい出てて3回くらい優勝してるんですけどその3回で一個はめっちゃちっちゃいコンテスト。
一個は札幌で一番大きいコンテストで優勝してるんですけどどっちもやっぱり特別ですごい繊細に覚えてて。

なにが言いたいかって言うとやっぱりみんな優勝を目指してほしい。
3位とか2位とか今日すごい悔しそうな子いっぱいいたけど。

もちろん嬉しいことなんだけど一度優勝経験するとその喜びっていうのは別格なんで。
今の子みんな上手いと思うんですけどまずはそこの一番トップの部分を目指して頑張ってほしいと思います。

僕今日オーガナイザーじゃないんですけどオーガナイザー目線で見てると喜んで上がってきてくれるってのはとても嬉しいことなんでそれは気持ち良かったなと思いました。

あとU-12チーム部門は3チームだったんですけど全部良かった。すごく良かった。とても。
だからめげなくて、折れなくて良いです。僕的には全部知ってるんですけどすごく良くて。ジャッジ的にしんどいなて。

ジャッジなんで裁きますけど悪くないんで今のをキープして良くしてください。
僕全部の先生を知ってるんで。先生のいうことを聞けば良くなるから先生に見せてちょっと手直しをして練習していっぱい頑張ってね。小っちゃい子だけど良かったですよ。

全体として思うのはスキルって言うのは結構曖昧じゃないですか。終わりがないというか。
上手くなってもなってもならなきゃいけないし。誰に聞いてもスキルが強い弱いって言われるじゃないですか。

だからそこは色々あるんだけどやっぱりいっぱいチームが出てるから。
例えばみんながジャッジだったとして自分の子供とか自分達で出てた時に人が自分達を見たらどういう印象が残るんだろうってなった時に浮かばないチームは絶対に勝てません。

だからそこをまず先生に作ってもらってください、と僕は思います。
例えば一番わかりやすいところでいこうか。Catty☆Hだったらあぁあそこねって感じになるじゃない。
そういうのが必要なんですよ、コンテストっていうのはある意味。

それがなんでも良いと思うんですよね。例えばジャッジが50人いました。千尋さんよくジャッジやってるじゃないですか。
僕だったら僕はタップ以外全ジャンルやったことがあるので。自分で言ったらタップ以外は全ジャンル見ることができます。とかね。

あと当たり前なんですけど僕はジャッジってお仕事にプライドをもっているので全チーム完璧に見るし聞かれたら全部ちゃんと答えられる自信があります。っていうのが言えるわけですよ。

そういう特徴。SHUHO君でいったら絶対的なスキル!とかさ。そういうのあるじゃん。

そういうものを自分達のチームでも作ってください。
なんでもいいんです。正確な構成力とそれに合わせた忠実なルーティンと一体感とか。

なんでもいいんですけど、そういうものを探してください。で見つけたらそれをまず強化!

ちょっと前までは平均的なチームが勝つ傾向があったんですけど最近は一つ日出てないと。
多いじゃん出るチーム数も。今日はたまたま少なかったけど。

だからまず見てる人とジャッジの印象に残ってどこにしようかなとか、ここ良かったよね悪かったよねっていう対象に入らないと悔しい思いをしてしまうので。
まず自分の良い所、見せたいところを見つけてください。

それが見つかれば答えは早いです。っていうのが一つ。

ソロはもうちょっとほしいです。
特にOPEN部門に言えることが僕今日ジャッジ席で座ってて。全員じゃないんですけど。

例えばたぬき君とか。俺女じゃないのになぁって思ってハート出せれて俺に指さされてうわっすげぇハートしてるなってこっちがすごいなって思うんですけど。

僕ジャッジ席から圧力かけるんすけどかけても他の子達は何もこたえてこないっていうか。
みんな何に向かって踊って何を伝えたいんだろうっていうのがもったいない感じになってるんで。

ここはさスタジオじゃないからさ、ここに鏡があるわけではないじゃん?
ここに今いて僕がジャッジ席から見てるのも見える訳じゃん。

それが表現だから。ここで踊る時に自分が練習したものを自分の頭ン中で思い出しながらここでなんとなく踊って終わる、っていうのは伝わらないからその場その場で状況見たりとかして。
周りの状況…例えばたまにはアイキャッチしたりとかそういうものをもうちょっとOPENソロ部門は特に意識した方が良いと思います。

ダンスって人と人でやりあって普段自分が頑張ってるものを見てもらうっていうのが大前提。それに順位がつくのがコンテストだから。
今それが逆になっちゃってるから。まず自分が一生懸命練習やってるわけじゃない?

練習してチーム作って衣装探してお母さんたちも来てくれてっていう感じでこの一日を過ごすわけだから。
まず一生懸命やってるものを見てほしいってことで。踊る時も頭ン中でここで考えすぎ。

まずは頑張ってきたものをここにいる人達に伝えるってことを大事にしてください。これが出来るようになると恐ろしく見え方は変わるので。

今日出た子の半分くらいは練習してる感じと同じ感じでここで踊っちゃってるから。
それを少しでも克服するために、鏡じゃないので見てる人に意識をもってったりとかもうちょっとナチュラルに踊れるようになると良いと思います。

予選はまだあるのかな?
ICE CREAMっていうコンテストやってるんですけど某チームですごい上手いのに一回しか出ないで負けた子がいるんすよ。

その子達とこの前GRANDSOUL…MASAさんのコンテストやった時に話して。
最終予選だったから一回しかチャレンジする権利がなかったんだけど多分僕の予想はその子達はもう一回出てたら100%FINALに言ってるチームなのね。

今日負けた子達で僕的に順位に入ったのに入ってない子がいるんですよ。たまたまジャッジが僕だったから入ってない子もいるけど。
ダンスの審査って基準がないからホント人によって変わることがあるんですよ。

だからあと1回か2回かあるなら絶対にチャレンジした方が良いと思うんで悔いのないようにぜひチャレンジをしてみてください。

はい、頑張って!お疲れさまでした。

■優勝チーム・ダンサーの勝因・総評

チームは…まず自分の体がしっかりある、やりたいことが何かってのがしっかり伝わる、あとは見やすい!シンプルに。
今日出た中ではスキルが全部上位トップ3の中に必ず入っている。
が勝因かな。

ソロはU-12のKomiuは普通に一番上手い。ソロのこの4人の中で。
OPENのChiamiは俺も1位だ!
ここもチームと一緒なんですけどやりたいことがはっきりしてて衣装もオシャレだし曲と踊りが合っている。

■入賞しなかったけど気になったチーム・ダンサー

<U-12チーム部門…Salt N’ Hands、ASTER>
どっちも良かったです。この部門は3チーム全部良くて悩みました。
過去何回も僕全部見てるから。今日はCatty☆Hが調子良くてっていうのもあったんで。
これはジャッジとか調子の良し悪しで順位が変わるくらいの拮抗したレベルだったんでみんな頑張ってほしい。

<U-12ソロ部門…KOU$AY>
オシャレで踊りも良かったから音の伸びてる部分に対しての身体の動きをもうちょっとしっかり乗っけたらもっと良かったかなと。
心より上行ったかもしれないですね。
それ以外はとてもオシャレでカッコよかったんで僕は良かったと思いました。