8/30(日)★登竜門★vol.6 審査員インタビュー

NAKAJI

NakajiFryerPhoto_001

 

 

 

 

 

<総評>

みなさんお疲れ様でした。 だいたいWAN-CHANとしづにゃんが言ってくれたんだけど…
(※審査員3名の最後に総評をいただきました)

単純にぐっときた部分でU-12部門2位のSAMURAI BROS。

振りを合わせたり「ここをもうちょっとこうしよう」とかみんな一生懸命ルーティーンを作ったり何回も練習してると思うんだけど、そうじゃない…ダンスの本質なのかわかないけど…頭で考えたらうまいチームも多いし優勝してるチームの方が全然うまいけど、心に響くのがこのチームで。

涙がほろっと出てくるくらいハートにゴンっときたチームがSAMURAI BROSでした。
彼らはまだ小学生なんだけどこれからどうなるのか楽しみです。

「このチームだけ褒めてなんや」みたいな雰囲気なのかな…(笑)

やっぱり勝てるチームは一所懸命練習してるし、「なんとなーく出ようか」で勝てない…「登竜門」って言えどレベルが高くてびっくりするほどで… どんな小さいレベルが高くないと思われるコンテストでもめちゃくちゃ練習しないと優勝できないんだなとあらためて思いました。

あとはダンスがうまいというところに惹かれるので…特にU-15ソロ部門優勝のMYUちゃんと2位の女の子とかすごいうまいなと思いました。 うまいなって思えるような、思わせるようなダンサーになってほしいです。

チームダンスが好きなコもいるだろうし、そういうコは音に合わせて体を動かす感じ…振りを合わせるんじゃなくて…リズムにのってちょっとずつうまくなってみんなで合わせるっていう…音のとり方だったり曲の感じ方を合わせるとか、そういう風にチームダンスは取り組んでいったらいいんじゃないかと思いました。

みなさんお疲れ様でした。

 

<優勝したチームのよかったところ>

U-12ソロ部門 KEIKO

基本的にダンスができているコが少なかったんですが…その中で唯一と言っていいくらい音楽にのってダンスして、ダンスをした上で自分の持ち味…パワフルなところなのかな。それがダンスにのっかってたのがよかったと思いました。

U-15ソロ部門 Myu

うまかったよね。ただひたすらうまくて。2位のRicoちゃんもすごいグルービーでうまくて、そのふたりが飛びぬけていたかなと思いました。

U-10チーム部門 B☆lazerz

まだ若いので(U-10チーム部門全体が)レベルが高くなかったんだけども、リズムにのれてなくて先生の振りを忠実に練習してきましたというような中で、このチームは踊りこみをがんばっているのかわからないですけど自分達のものにしつつあって振りを自分達で消化してダンスとして表現できていたということですね。

U-12チーム部門 SP!CE

練習量がおそらくハンパないと思うんですね。ナチュラルに踊れている上に揃っていて、細かいところまでビデオとか鏡見ながら何回も確認したんだろうなという努力が見えたのと、作品自体も構成とか流れとか作品力というものもあって非常にっよかったということです。

U-15チーム部門 A

ひとり大きめの女の子がいてそのコが引っ張っている感じで… そのコだけかと思いきや他のメンバーもちゃんとダンスできていました。

やっぱり見せ場というか…音に合わせて激しく動くんじゃなくて、ダンスの部分の見せ場というのが打ち出されてて…他もいいところあったんだけど、ダンスで見せる部分が強かったというところで印象づけられて最後まで頭に残っていました。

<印象に残ったチーム>

総評でも言ったんですがU-12チーム部門のSAMURAI BROSはグッと心にきて感動しました。

あと、U-15チーム部門のI’M NOT KIDS。女の子1人男の子2人の3人チームなんですが、女の子が異常にうまくて…うますぎて引きました(笑)。

チームで見ると1位・2位・3位…と順位付けがあって結果は出ているんですけど、U-15チーム部門の中で誰が一番うまかったかと言えばI’M NOT KIDSの女の子だと思います。 それくらいうまくて引きました(笑)。